フェラーリジャパン、日本での活動を報告…モータースポーツから被災地への寄付まで

業界 レスポンス

フェラーリ・ジャパンは『488GTB』の日本導入を発表。その席上には4月1日に就任したばかりの、極東統括マネージャーも出席、日本での様々なフェラーリの取り組みについて語った。

フェラーリのDNAであるモータースポーツへの日本での取り組みについて、フェラーリ極東エリア統括 マネージング・ディレクター、ディーター・クネヒテル氏は、4年間開催しているフェラーリチャレンジを挙げる。同時に、フェラーリレーシングデイズも開催し、「毎年何千人もの方々が参加してくれている。2015年は4月25日から26日にかけて開催され、600台以上のフェラーリと、5000人以上フェラーリオーナーとファンが参加した」と述べる。

また、ディーラーの取り組みとしては、2014年12月に2013年度のトップディーラーオブザイヤー賞として、コーンズフェラーリ大阪ショールームが受賞。この賞は、全世界のディーラーを対象に、販売、マーケティング、アフターセールスにおいて、最も優れた成績のディーラーに贈られるものだ。クネヒテル氏は、「世界62の市場の頂点に立ったのだ。これは日本のユーザーに対して、世界でも最高のカスタマーケア、ブランド体験を提供出来ているということの証左であると考えている」とコメント。

そしてフェラーリ・ジャパンとして、東日本大震災の寄付を8000万円集め、2011年から2012年に石巻市に届けた。クネヒテル氏によると、「そのうち750万円がまだ寄付が行われていないことから、ワールドライブラリーと協力し、世界の絵本を石巻市の子供たちに届けていく」とし、「フェラーリでは、教育は未来の世代への最大の贈り物だと考えている」とその意義を語った。

  • 内田俊一
  • フェラーリ 488GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ 488GTB《撮影 内田俊一》
  • フェラーリ極東エリア統括 マネージング・ディレクター、ディーター・クネヒテル氏《フェラーリ・ジャパン》
  • フェラーリ極東エリア統括 マネージング・ディレクター、ディーター・クネヒテル氏《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ