【PCCJ 第6戦】元嶋佑弥、グリップ低下に苦しみながらも6連勝

モータースポーツ レスポンス

ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)2015 第6戦決勝が6月7日、富士スピードウェイで開催された。

スターティンググリッドは、1列目が#78近藤翼と#15元嶋佑弥、2列目が#12久保凛太郎と#19永井宏明、3列目が#9武井真司と#7星野敏というオーダー。

今季スタートが課題となっている近藤は絶妙のクラッチミートを決めたが、それを上回る鋭いダッシュを見せたのが元嶋だった。トップで1コーナーに進入し、後続との距離も見ながら、レースをリードしていく。

先行を許した近藤は反撃態勢に入ろうとしたが、3番手の久保が急接近。久保は3周目、メインストレートで近藤のスリップストリームに入り、1コーナーでアウトから仕掛けに出た。だが、攻防のなかで2台は軽く接触。近藤は縁石ぎりぎりでコーナーをクリアできたが、久保はコース外側のエスケープゾーンまではらんでしまう。

後ろの2台がバトルでタイムをロスするのを尻目に逃げを図りたい元嶋だったが、暑さのため、タイヤのグリップが厳しくなる状況に見舞われていた。序盤に2.3秒まで築いた貯金は少しずつ目減りしていき、11周目には1.1秒まで詰められる。それでも冷静に周回を重ね、開幕6連勝を達成した。

ジェントルマンクラスは波乱の展開。ポールポジションの#9武井真司が駆動系トラブルで2周を終えて緊急ピットイン、#2田島剛と#98ゴトウイカリが反則スタートでドライブスルーペナルティ、第5戦優勝の#24剛覇矢人が5周目の1コーナーでスピンなど、有力ドライバーが次々とポジションを落としていく中、#37久保田克明がクラス初優勝を飾った。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ポルシェ カレラカップ ジャパン 第6戦
  • 表彰式
  • 表彰式
  • #15元嶋佑弥
  • #37久保田克明
  • #15元嶋佑弥
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ