【全日本MX 第4戦】ホンダ成田亮、開幕戦以来のパーフェクトウィン

モータースポーツ レスポンス

全日本モトクロスの第4戦が、宮城県のスポーツランドSUGOで行われ、IAクラスで昨年度王者の成田亮(ホンダ)が開幕戦以来となるダブルウィンを達成した。

ヒート1、ランキングトップで今大会を迎えた小方誠(ホンダ)が、小島庸平(スズキ)に次ぐ2番手で1周目をクリア。田中教世(ヤマハ)を挟み、昨年度王者の成田亮(ホンダ)が続いた。2周目、成田が田中をパスして3番手にポジションアップ。4周目以降は、小島と小方と成田が、後続を引き離してトップグループを形成した。

3台によるバトルは、5周以上も順位の変動がないまま続いた。9周目に、小島を抜こうとした小方を成田がパスして、2番手に順位を上げた。10周目には、勢いを保った成田がトップの小島をパス。さらに小方が小島を抜き、ホンダの1-2態勢となった。レース終盤には、成田が後続を引き離す一方で、小方はコースアウトをしそうになるミスをし、勝負あり。16周のレースを成田が制し、今季3勝目を挙げた。また小方は、小島を抑えて2位となった。

ヒート2も小島が好スタート。それを成田が追い、星野裕(KTM)を挟んで小方が4番手で続くと、1周目に小方は星野を抜き、ヒート1に続いて小島、成田、小方がトップ3を形成。5周目には、成田が小島を抜いてトップに浮上した。残り2周となる14周目が終わった時点で、トップの成田と2番手の小島との差は約2秒。小島と小方の差はコンマ数秒でした。しかし最後は、成田が意地の走りで速いラップタイムをキープ。そのままトップチェッカーを受け、今季開幕戦以来の両ヒート制覇を果たした。

■IA1(ヒート1)

1位:成田亮(ホンダ)

2位:小方誠(ホンダ)

3位:小島庸平(スズキ)

4位:熱田孝高(スズキ)

5位:三原拓也(カワサキ)

6位:新井宏彰(カワサキ)

■IA1(ヒート2)

1位:成田亮(ホンダ)

2位:小島庸平(スズキ)

3位:小方誠(ホンダ)

4位:熱田孝高(スズキ)

5位:新井宏彰(カワサキ)

6位:三原拓也(カワサキ)

■ポイントスタンディング

1位:小方誠(ホンダ)128P

2位:熱田孝高(スズキ)122P

3位:新井宏彰(カワサキ)113P

4位:小島庸平(スズキ)108P

5位:成田亮(ホンダ)107P

6位:田中教世(ヤマハ)87P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 成田亮選手とチーム集合写真
  • 成田亮選手と小方誠選手の表彰台
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ