最強の マスタング「シェルビー GT350」、5.2 リットルV8は526hpに決定

新車 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは6月2日、新型『シェルビー GT 350マスタング』のエンジン性能を発表した。

新型シェルビー GT 350マスタングは2014年11月、ロサンゼルスモーターショー14で初公開。同車は、新型フォード『マスタング』をベースにした高性能モデル。シェルビー GT 350は、初代が1965年誕生という伝統のモデル。マスタングの高性能モデルの象徴的存在が、シェルビー GT 350。

最新のシェルビー GT 350マスタングは、自然吸気エンジンを搭載。排気量を5.0リットルから5.2リットルに拡大したV型8気筒ガソリンエンジンは、レーシングカー譲りのフラット-プレーン クランクシャフトを採用。高回転志向とした。

足回りは、サーキット走行に対応できるチューニングを実施。フォード車初の「マグネライド」ダンパーを装着。ブレーキはブレンボ製の大容量タイプ。19インチのタイヤは、ミシュランの「パイロットスーパースポーツ」を履く。

今回、フォードモーターは、新型シェルビー GT 350マスタングのエンジン性能を発表。5.2リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力526hp、最大トルク59.3kgmに決定した。

新型シェルビー GT 350マスタングは今秋、米国市場で発売される予定。フォードモーターは、「フォードの市販車で史上、最もパワフルな自然吸気エンジン」と説明している。

  • 森脇稔
  • シェルビー GT 350 マスタング
  • シェルビー GT 350 マスタング
  • シェルビー GT 350 マスタング
  • シェルビー GT 350 マスタング
  • シェルビー GT 350 マスタング
  • シェルビー GT 350 マスタング
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ