デンソーウェーブ、パスポートOCRリーダを開発…免税書類作成を簡素化

業界 レスポンス

デンソーウェーブは、パスポート記載の文字情報を読み取ることで、免税店が免税品を販売する際、発行が義務付けられている書類の作成工程を大幅に削減する、パスポートOCRリーダ「QK30-OP-U」を6月15日から発売する。

急激に日本を訪れる外国人旅行者が増加していることに加え、2014年10月から、食品類、飲料類、薬品類、化粧品類などの消耗品が免税対象となったことや、複数店舗が入居する商業施設で、一括対応カウンターが増加していることを背景に、免税店向けソリューション市場が拡大している。

訪日外国人旅行者が増えることで、免税品を扱う店舗は売上増加が見込める一方、販売する際に発行が義務付けられている「購入記録票」と「購入者誓約書」の作成に時間がかかり、書類作成ミスが発生するという問題がある。

「QK30-OP-U」は、免税書類の作成に必要な「購入者氏名」、「国籍」、「生年月日」、「旅券番号」等の文字情報を購入者のパスポートから読み取り、転記を自動化することで、書類の作成工程を大幅に削減できる。

外国人宿泊者の「国籍」「旅券番号」を記録が義務付けられている旅館やホテルのフロント業務にも活用できるなど、様々な業務の効率化が可能としている。

また、「QK30-OP-U」はパスポートに記載された文字のほか、紙やスマートフォンに表示されたバーコード、QRコードをはじめとする二次元コードの読み取りが可能。免税店が外国人旅行者向けのWebサイトやガイドブックにバーコード、QRコードを用いた割引クーポンを掲載するといった取り組みにも活用できる。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ