ルノー、ボロレの小型EVを生産開始…仏工場

業界 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーグループは6月8日、ボロレのEV生産を、フランスのディエップ工場で開始すると発表した。

ボロレは、欧州でEVのカーシェアリングサービスを手がける大手。同社は5年前から、フランス・パリ市内において、EVを使ったカーシェアリングの「オートリブ」を展開している。このオートリブには、イタリアのピニンファリーナが開発した小型EV、『ブルーカー』を使う。

ルノーとボロレは2013年9月、提携に向けた合意書に調印。2014年9月には、提携の具体的な内容を発表した。その主な内容は、イタリアでボロレが生産しているブルーカーの組み立てを、2015年6月から、ルノーのフランス工場に移管するというもの。

そして今回、ルノーはボロレのEV生産を、フランスのディエップ工場で開始すると発表。ルノーによると、EVの生産は同工場の従業員に良い影響を及ぼすとともに、同工場の能力やノウハウを、知らしめる機会になるという。

ディエップ工場は1969年に稼働。ルノーの小型車の小型車の組み立て工場で、『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)の「RS200EDC」などを生産している。

  • 森脇稔
  • オートリブに使われているボロレ「ブルーカー」
  • オートリブのステーション
  • ピニンファリーナ・ブルーカー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ