コムテック、新型GPSレーダー探知機を発売…小型オービスやラウンドアバウトに対応

テクノロジー レスポンス

コムテックは、GPSレーダー探知機の新製品として「ZERO 300V」「ZERO 600V」の2機種を6月12日より発売する。

新製品は、新たに小型オービスの警報に対応。地図と実写で警告を行う。また、ラウンドアバウト(環状交差点)では進行方向の注意喚起をしたり、住宅街など生活道路が密集する区域を最高速度時速30キロに制限する新交通規制「ゾーン30」に侵入した場合は、アイコンと警報画面でドライバーに知らせる。

アイドリングストップ車にも対応し、ストップ時低電圧になる車両でも安定した動作を可能とした。オプションの「OBD2-R2」アダプターでOBDII接続にも対応。燃費情報やスロットル開度など最大140項目(600V)が表示可能となる。

ZERO 600Vは、グロナスとみちびきに加え、GAGANに対応。ZERO 300Vはさらにひまわりにも対応し、受信精度、受信速度を向上させた。

参考価格(税抜)は3インチモデルZERO 300Vが1万9800円、3.2インチモデル(リモコン付)のZERO 600Vが2万5800円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • コムテック ZERO 300V
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ