VWジャパン庄司社長、販売状況「とても順調とはいえない」

業界 レスポンス

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンの庄司茂社長は6月11日に都内で開いた新型車発表会後に報道陣の囲み取材に応じ、今年に入り輸入車シェアトップの座を明け渡している販売状況について「とても順調とはいえない」と苦悩をにじませた。

庄司社長は「やはり消費増税後でも新しいモデルが出ると興味を持って頂けるが、そうでないとなかなか(店舗に)来てもらえないというのが続いている。VWは本当に全く新しいモデルが少ないので、販売の盛り返しにうまくつながっていない。1月以降、他社の後塵を拝して、久しぶりに人の背中をみている感じ」と述べた。

その一方で「来月、新型『パサート』の発表を準備しているので、これを起爆剤にここから逆転スリーランで、なんとか追い付きたい」と強調した。

VWの2014年暦年の販売台数は前年比0.2%増の6万7438台で、メルセデス・ベンツに約6600台の差をつけて15年連続で輸入車シェアトップを維持した。しかし、今年に入り5月までの累計販売台数では逆に約2100台もメルセデス・ベンツに引き離される状況となっている。

VWジャパンでは年販10万台の早期達成を目標として掲げているが、庄司社長は「変わっていない」とした上で、「JAIA(日本自動車輸入組合)の理事長としても輸入車シェア10%と言い切っているので、そのためにもVWがそれくらいの台数をやらないといけない」と、改めて目標達成に意欲を示した。

  • 小松哲也
  • フォルクスワーゲングループジャパン 庄司茂 社長《撮影 小松哲也》
  • VW up! + 女性ユニフォーム 発表会《撮影 小松哲也》
  • VW up! + 女性ユニフォーム 発表会《撮影 小松哲也》
  • VW up! + 女性ユニフォーム 発表会《撮影 小松哲也》
  • VW up! + 女性ユニフォーム 発表会《撮影 小松哲也》
  • 新型フォルクスワーゲン パサート(参考画像)
  • VW パサート セダン&ヴァリアント 海外試乗《写真提供 VWジャパン》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ