フィアット CEO、今度は PSA プジョー シトロエン との合併を検討か

業界 レスポンス

イタリアの自動車大手のフィアットと、米国の自動車大手のクライスラーグループが経営統合して生まれたFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)。同社のトップが、さらなるグループの巨大化を目指して、水面下での動きを強めているようだ。

これは6月11日、『ブルームバーグ』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「FCAのセルジオ・マルキオンネCEOが、フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンを、合併の候補として検討している」と伝えた。

フィアットは2014年1月、クライスラーグループとの経営統合を成し遂げた。同年10月には、新会社のFCAを発足させている。

しかし、セルジオ・マルキオンネCEOはこれに飽き足らず、さらなるグループの巨大化を目指しているもよう。5月下旬には、一部メディアが、「セルジオ・マルキオンネCEOが、GMに合併を打診」と報道。この話は、GMが断ったとされており、マルキオンネCEOの次なるターゲットとして浮上したのが、PSAプジョーシトロエン。

同メディアは、「マルキオンネCEOは、他の自動車メーカーとの合併も視野に入れており、PSAプジョーシトロエンは、最後の切り札として検討」とレポートしている。

  • 森脇稔
  • マルキオンネCEOが PSA プジョー シトロエン との合併を検討中と伝えた『ブルームバーグ』
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ