サークルKサンクス、コンビニで初、「Ha:mo RIDE」車両ステーションを新設へ

業界 レスポンス

サークルKサンクスは、トヨタ自動車が実証運用する超小型電気自動車(EV)『コムス』を使ったシェアリングサービス「Ha:mo RIDE」に協力し、6月15日から愛知県豊田市内6店舗の敷地内駐車場に車両ステーションをオープンする。

「Ha:mo RIDE」のステーション設置は、コンビニでは初めて。サークルKサンクスでは今後も、豊田市内の店舗にて順次拡大する。

サークルKの豊田渋谷店、御立店、豊田浄水町原山店、豊田三軒町店、豊田青木町店、豊田井上店にステーションを設置する。

「Ha:mo RIDE」は、クルマなどパーソナルな乗り物と公共交通を最適に組み合わせることで、人や街、環境にやさしい移動の実現を目指す交通サポートシステム。現在、豊田市内の各駅や庁舎など約30カ所にステーションを設置、会員数は3600人を超える。

通勤や通学、出張の移動手段、日常の買い物など、近距離移動ニーズに対応したモビリティ・シェアリングで、ステーション間での乗り降りが可能。分単位の短時間利用ができるため経済的で、利便性向上とCO2排出量削減が図れる。

サークルKサンクスでは今回のステーション設置により、顧客の利便性向上と、豊田市内での社会インフラ機能拡大にも貢献していく、としている。

  • 編集部
  • トヨタ車体・コムス
  • トヨタ車体 コムス
  • トヨタ車体・コムス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ