BRITISH CLASSIC CAR MEETING 2015 開催、MGなど多くの英国車が集合

モータースポーツ レスポンス

6月7日、名古屋市鶴舞公園においてイギリス車のイベント、“BRITISH CLASSIC CAR MEETING 2015”が開催された。主催は名古屋市緑化センター。協力は名古屋市公会堂と名古屋MGカークラブだ。

鶴舞公園は明治42年(1909年)に、第10回関西府県連合共進会(地方万博)の会場として作られた。名古屋市が設置した最初の公園であり、平成18年には「日本の歴史公園百選」に指定、平成21年には国の登録記念物に登録された公園だ。また、桜をはじめとした多くの花の名所としても知られており、今回のイベントも“花まつり”の一環として開催された。因みに自動車を展示してのイベントは初開催となる。

当日会場には30台余りのイギリス車が集合。そのほとんどはMGで占められ、戦前の『J2ミジェット』から1990年代の『MGF』まで、様々なMGを見ることが出来た。

当日は10時に開会式とともにファンファーレでスタート。終日会場にはバグパイプの音色が流され、噴水塔などがある洋風庭園とともにイギリスの雰囲気が味わえた。スケジュールはお昼前にロッカーカバーレース(エンジンのロッカーカバーにタイヤを取り付けて、斜面を下り最も早く規定ラインまで到達するかを競うもの)が開催されたほかは特になく、参加者たちは各々、クルマの周りや公会堂などでクルマ談議に花を咲かせていた。

鶴舞公園事務所所長の松井好直さんは、「ここは毎日多くの方に来場してもらっている公園で、定期的にイベントも開催している。しかし、新たなイベントも必要との考えていたところ、名古屋MGカークラブから(イベントの)提案があった」という。名古屋MGカークラブは設立40年の歴史を誇るクラブであることも、提案受け入れに有利に働いた。

「今回、来場者から新しいイベントだと興味を持ってもらえたようなので、ぜひ継続的に、年1回から2回は開催していきたい」と今後の実施に意欲的だった。

  • 内田俊一
  • 左からMG TDが2台と、TF、TD《撮影 内田俊一》
  • MG B《撮影 内田千鶴子》
  • 左からトライアンフ TR3A、MGA勢《撮影 内田俊一》
  • 右からMG F、MG ミジェット《撮影 内田俊一》
  • 右からMG 1000が2台とMG ZBマグネット《撮影 内田俊一》
  • サルーン勢の向こうにミジェットなどが見える《撮影 内田俊一》
  • 噴水塔から鶴舞駅に向かってみたところ《撮影 内田千鶴子》
  • ロッカーカバーレース《撮影 内田俊一》
  • MG J2ミジェット《撮影 内田千鶴子》
  • MG ZBマグネット《撮影 内田俊一》
  • MG ZBマグネット《撮影 内田千鶴子》
  • MG B《撮影 内田俊一》
  • MG TDミジェット《撮影 内田俊一》
  • NG RV8《撮影 内田俊一》
  • MG A《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ