【ルマン24時間 2015】19号車ポルシェ、ヒュルケンベルグが乗り込み最終スティントへ

モータースポーツ レスポンス

2015年のルマン24時間耐久レース。13日15時(日本時間22時)にスタートした伝統の一戦はまもなくゴールの瞬間を迎えようとしている。

中盤以降はトップを死守している19号車ポルシェ(N・ヒュルケンベルグ/E・バンバー/N・タンディ)。残り1時間30分でピットインし、現在F1にも参戦しており今回も昼夜問わず大活躍をみせたニコ・ヒュルケンベルグが乗車。1998年以来となるポルシェの総合優勝を成し遂げるためコースインしていった。

2番手には1周差で17号車(T・ベルンハルト/M・ウェバー/B・ハートレー)も着実に周回を重ね、このまま行けばポルシェが最高峰クラス復活2年目でワン・ツーフィニッシュを飾ることになる。

3番手以降のアウディ勢とはまとまったタイム差があるため、あとはペースを落として着実にゴールまで行きたいところ。しかし上空には分厚い雲に覆われており、予報でも雨が降ってくる可能性が高いと言われている。

今年はフリー走行の走り出しから、予選・決勝と完璧なレース運びをみせ、アウディとの一騎打ちでもプレッシャーに屈することなく最後まで耐久レースの名門らしい堂々とした走りをみせてきた。

このままポルシェが有終の美を飾ることができるか。日本時間の14日22時にゴールを迎える。

  • 吉田 知弘
  • ポルシェ17号車(919ハイブリッド)《撮影 益田和久》
  • 日産23号車(GT-R LM NISMO)《撮影 益田和久》
  • 8号車アウディ《画像 Getty Images》
  • 日産22号車(GT-R LM NISMO)《撮影 益田和久》
  • トヨタ2号車(TS040ハイブリッド)《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ