【WMX 第9戦】ヤマハ、第1ヒートで表彰台を独占

モータースポーツ レスポンス

世界モトクロス選手権 第9戦イタリアGPが6月14日、マジョーラで開催され、MXGPクラスでロマン・フェーヴル(ヤマハ)が2連勝を飾った。

第1ヒート、前回のフランスGPを制したフェーブルは、ホールショットを奪ったダビド・フィリッパーツ(ヤマハ)の後方に続くと2周目にトップに立つ。そこから滑りやすく難しい路面を攻め、フィリッパーツにほぼ25秒ものマージンを築きフェーブルが1位となった。

左腕の負傷を押して参加しているアントニオ・カイローリ(KTM)が一時3位につけるが、ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)が迫り、すぐにこれをかわして3位に上がる。これによりヤマハは、YZ450Fによる1-2-3フィニッシュを達成した。

第2ヒートは、怪しい雲行きとなるものの、幸い路面はドライのまま。フェーブルは、オープニングラップの登り坂でショーン・シンプソン(KTM)とほとんど接触しかけ、スロープの反対側でクラッシュしてしまう。ハンドルバーが曲がり、フロントブレーキを破損したものの、フェーブルは追い上げを開始して6位でフィニッシュ。2位のケビン・ストライボス(スズキ)と3ポイント差で優勝を果たした。

■第1レース

1位:ロマン・フェーヴル(ヤマハ)

2位:ダビド・フィリッパーツ(ヤマハ)

3位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)

4位:トッド・ウォータース(ハスクバーナ)

5位:アレッサンドロ・ルピーノ(ホンダ)

6位:ショーン・シンプソン(KTM)

■第2レース

1位:ケビン・ストライボス(スズキ)

2位:マキシミリアン・ナグール(ハスクバーナ)

3位:ゴーティエ・ポーリン(ホンダ)

4位:トッド・ウォータース(ハスクバーナ)

5位:ショーン・シンプソン(KTM)

6位:ロマン・フェーヴル(ヤマハ)

■ポイントランキング

1位:マキシミリアン・ナグール(ハスクバーナ)360P

2位:アントニオ・カイローリ(KTM)330P

3位:ロマン・フェーヴル(ヤマハ)322P

4位:クレメン・デサール(スズキ)291P

5位:ゴーティエ・ポーリン(ホンダ)279P

6位:イブジェニー・バブリシェフ(ホンダ)270P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ロマン・フェーヴル(ヤマハ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ