曙ブレーキ、GMの2015年モデル2車種向けブレーキキャリパーに不具合…対策品を納入

業界 レスポンス

曙ブレーキ工業は、米国子会社が生産し米国GM(ゼネラルモーターズ)に納入しているブレーキキャリパーに不具合が発生し、GMがリコールを届け出たと発表した。

曙ブレーキは、GMの指示に沿って対策品を再度納入する。

GMは、2015年モデルの「シボレーコロラド」と「GMCキャニオン」の2車種についてNHTSA(国家道路交通安全局)に対しリコールを届け出た。曙ブレーキグループが納入しているフロントブレーキキャリパーからブレーキフルード(ブレーキオイル)漏れが発生し、ブレーキ性能が低下するおそれがあるためで、対象台数は1万4838台。

曙ブレーキは、対象車向けに対策品を再納入する。今回のリコール対象となったブレーキが原因による事故は起こっていないとしている。

  • 編集部
  • GMC キャニオン の ナイトフォールエディション
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ