スズキ、マレーシア プロトン社と協業…スズキモデルのKD生産で合意

業界 レスポンス

スズキは6月15日、マレーシア・プロトン社との協業を発表。プロトン社はスズキモデルのKD(ノックダウン)生産を行い、マレージア国内で販売を行う。

協業の第一段階では、スズキがスズキモデルのKD部品をプロトン社に供給。プロトン社は自社工場でプロトンバッチにて生産を行いマレーシア国内の販売網で販売していく。まず小型乗用車1車種のKD部品を供給し、2016年夏頃よりプロトン社のタンジュンマリム工場で生産を開始する予定。他のスズキ車種については今後検討していく。

将来的には、エンジン・トランスミッションの供給を行い、プロトン社独自開発モデルへの搭載も計画していく。

今回の合意について、スズキの鈴木修会長は「従来スズキは、スズキブランドで独自に販売を行っていた。今回、プロトン社と協業することにより、マレーシア市場で、総合的に両社の相乗効果を発揮していきたい」と語った。

プロトン社は1983年に設立されたマレーシアの第一国民車メーカーで、2014年販売台数は約11万6000台、国内シェアは約17%。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マレーシア(イメージ)《撮影 橋本隆志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ