いすゞ と GM、米国向け商用車での協業で合意

業界 レスポンス

いすゞ自動車とGMは6月15日、米国市場でのいすゞの商品力強化と、GMの商用車事業強化拡大に向けた協業を進めることで合意した。

今回の両社の合意では、まず、いすゞが生産する『Nシリーズ』(日本名:『エルフ』)トラックを、2016年にシボレーブランドとしてシボレーディーラーを通じて販売する計画。

また、いすゞとGMは商品ラインナップの強化の一環として、GMが生産する6.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンと、6速トランスミッションのいすゞへの供給を、引き続き行う。

いすゞとGMは、40年以上にわたるビジネスパートナー。いすゞによると、常にお互いの事業発展のための協業可能性について、協議しているという。

いすゞは、「両社はグローバル事業展開上、必要不可欠なパートナー。引き続き、戦略的業務提携の関係を維持継続していく」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • 米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ