ホンダ、タカタのエアバッグリコール拡大で448億円の追加費用が発生

業界 レスポンス

ホンダは、タカタと米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)がエアバッグ・インフレーターのリコール拡大で合意したことを受けて448億円の品質関連費用が追加で見込まれると発表した。

タカタは、エアバッグのインフレーターに欠陥があったことを認め、NHTSAとリコールを拡大することで合意した。ただ、欠陥の原因が不明なため、ホンダとして品質関連費用に関する見積もりを変更、448億円の品質関連費用を追加で計上する。

インフレーターの不具合の原因がタカタにあった場合、ホンダはタカタに求償する予定。

ホンダでは、6月下旬に金融庁へ提出する2015年3月期の有価証券報告書には、修正後に発生した事象として反映させるとともに、2015年3月期決算短信も修正後に発生した事象として、有価証券報告書の提出日に公表するとしている。

このため、2015年3月期業績は、大幅減益となる見通しだが、2015年3月期の期末配当1株当たり22円は変更しない。2016年3月期の年間配当予想1株当たり88円も変更しない。

  • 編集部
  • タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ