フィアット 500 のEV、米国で2度目のリコール…クルーズコントロールに不具合

業界 レスポンス

フィアット『500』をベースに開発され、米国市場で販売されているフィアット『500e』。このフィアット500のEV版が、米国で今年2度目のリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは6月9日、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)USが明らかにしたもの。「フィアット500eをリコールする」と発表している。

今回のリコールは、500eのクルーズコントロールの不具合が原因。FCA USによると、フィアット500eのクルーズコントロールのソフトウェアに不具合があり、駆動システムがニュートラル状態になる可能性があるという。

リコールの対象となるのは、2013-2015年モデル。米国で販売された3975台が、リコールに該当する。

FCA USでは、対象車を保有する顧客に通知。販売店で、ソフトウェアをアップデートするリコール作業に着手する予定。なお、フィアット500eの2015年のリコールは、4月に続いて2度目となる。

  • 森脇稔
  • フィアット500のEV、500 e
  • フィアット500のEV、500 e
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ