スバル レガシィ、米国で2016年型…熟成の改良

新車 レスポンス

スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは6月1日、2016年モデルの『レガシィ』シリーズを発表した。

米国でのレガシィは、ワゴンの『アウトバック』(日本名:『レガシィ・アウトバック』)と、セダンの『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)の2ボディをラインナップ。現行型のデビューから1年が経過して、小規模な改良を受けている。

2016年モデルでは、電動パワーステアリングのチューニングを見直し。スバルオブアメリカによると、ステアリングフィールを向上させているという。「リミテッド」グレードは、ダンパーの設定を変更し、滑らかな乗り心地を追求した。

また、ヘッドライトとワイパーには、自動のオン/オフ機構を採用。利便性を引き上げた。

安全面では、スバル独自の「アイサイト」が進化。レーンキープアシスト機能が追加された。安全&セキュリティシステムの「スバル・スターリンク」も用意されている。

  • 森脇稔
  • スバル レガシィの2016年モデル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ