ミシュラン、米工場に投資…SUV用タイヤ増産へ

業界 レスポンス

フランスのタイヤ製造大手、ミシュランは6月15日、米国アラバマ州のドーサン工場に2200万ドル(約27億円)を投資すると発表した。

今回の投資は、ピックアップトラックやSUV用の高性能タイヤの生産能力を引き上げるのが狙い。投資により、工場の設備を更新し、生産量を10%増やす。

また、今回の投資は、ドーサン工場に新規雇用も創出。ミシュランによると、40名の追加雇用が見込まれるという。同工場では現在、560名の従業員が働く。

改修工事はすでに開始されており、2016年夏の完成を目指す。

ミシュランは1975年、米国でタイヤの生産を開始。米国に、累計86億ドル以上を投資している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ