【日産の安全技術】ソナーセンサーを使ってブレーキ踏み違え事故防止

テクノロジー レスポンス

日産の『ノート』などに採用されている「踏み間違い衝突防止アシスト」は、ブレーキとアクセルの踏み間違えに起因する事故を抑止するためのシステムだ。障害物の検知には、駐車時などの当てこすりを防止するためのソナーセンサーを活用する。

進行方向に障害物を検知した状態でアクセルを踏み込むと、画面表示と警告音でドライバーに注意を喚起するともに、出力を絞る。さらに衝突寸前までいくと自動ブレーキが強くかかり衝突を防止する。

ソナーセンサー自体は特別なものではなく、障害物検知のアルゴリズムを改修することでこうした事故を防ぐためのシステムを組みこんでおり、「カメラなど別センサーが必要なく、低コストで搭載できる」(説明員)ため、ノートなど普及価格帯の車両に広く採用することができたという。

検知は壁やガラスなどの堅い物体だけでなく、木の茂みなども一定程度検出できるといい、また、明らかにドライバーが意志を持って進もうとしている場合には操作を受け入れるような制御も取り込んでいるとのこと。この機能は、ノート以外にも『セレナ』『エルグランド』『エクストレイル』に採用されている。

  • 編集部
  • 進行方向に障害物を検知した状態でアクセルを踏み込むと、画面表示と警告音でドライバーに注意を喚起するともに、出力を絞る。さらに衝突寸前までいくと自動ブレーキが強くかかり衝突を防止する。
  • 進行方向に障害物を検知した状態でアクセルを踏み込むと、画面表示と警告音でドライバーに注意を喚起するともに、出力を絞る。さらに衝突寸前までいくと自動ブレーキが強くかかり衝突を防止する。
  • ソナーセンサー
  • ソナーセンサー
  • ソナーセンサー
  • 【日産の安全技術】ソナーセンサーを使ってブレーキ踏み違え事故防止
  • 進行方向に障害物を検知した状態でアクセルを踏み込むと、画面表示と警告音でドライバーに注意を喚起するともに、出力を絞る。さらに衝突寸前までいくと自動ブレーキが強くかかり衝突を防止する。
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ