トヨタ ランドクルーザープラド にディーゼル登場…国内初搭載の新エンジン

新車 レスポンス

トヨタ自動車は、『ランドクルーザープラド』を一部改良し、6月17日に発売した。

今回の一部改良では、新開発の2.8リットルクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を国内で初めて搭載。次世代高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率のターボチャージャーを併用することで、低回転でも高トルクを発揮する優れた動力性能を備えるとともに、低燃費・低排出ガスを実現し、JC08モード走行燃費11.8km/リットルを達成した。

さらに、新開発の尿素SCRシステムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減。これにより、排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応したクリーンディーゼル車として「エコカー減税」の対象となるほか、「CEV補助金」制度を利用した場合、最大約24万円が給付される。

また、2.7リットルガソリン車はトランスミッションを6速オートマチックに多段化するとともに、エンジンを改良し燃費を向上させている。さらに、LEDヘッドランプをディーゼル車(TZ-G、TX Lパッケージ)に標準装備するとともに、外板色には新色のレッドマイカメタリックを含む全10色を設定した。

価格は334万9963円から513万3927円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ ランドクルーザープラドに搭載されるディーゼルエンジン 1GD-FTV
  • トヨタ ランドクルーザープラド
  • トヨタ ランドクルーザープラド
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ