【日産の安全技術】単眼カメラのみで人も検知できる自動ブレーキ、15年秋までに標準化

テクノロジー レスポンス

日産『エクストレイル』などに採用されている「エマージェンシーブレーキ」は、バックミラー上部に取り付けてあるカメラで撮影した映像を処理することによって、前方の障害物を検知する。

衝突の恐れがあるとシステムが判断した場合は、まずディスプレイ表示とブザーによるアラートを出す。それでも回避操作がない場合には、自動で緊急ブレーキをかけて衝突を回避、または衝突時の被害を最小限に留めるというデバイスだ。

ステレオカメラを用いるスバルの「アイサイト(EyeSight)」や、カメラとミリ波レーダーを併用するトヨタの「セーフティセンス(C)」などと異なるのは、単眼カメラのみによるシンプルなシステムで安全機能を組みこんでいるという点。「映像処理性能の向上により、単眼カメラのみでも前方障害物の検知と距離測定が可能になっており、60-70m先の物体を認識できる。大人だけでなく小学生程度の子どもで認識し、アラートを出す」(説明員)という。

エマージェンシーブレーキは、およそ10-80km/hの範囲で作動するが、約30km/h以下での走行であれば衝突を回避することが可能。しかし、約60km/h以上で走行している場合は、停止車両や歩行者に作動はしない。

エクストレイルでは、このエマージェンシーブレーキを「踏み間違い衝突防止アシスト」「車線逸脱警報(LDW)」「進入禁止標識検知」などを含む「エマージェンシーブレーキパッケージ」として用意しており、税込み約7万9920円とリーズナブルな価格設定としている。

日産では2015年度中に国内で販売している主要カテゴリーのモデルにエマージェンシーブレーキの採用拡大を進め、量販モデルへの自動ブレーキ標準化を15年秋までに完了するという。

  • 編集部
  • 日産 エクストレイル
  • 【日産の安全技術】単眼カメラのみで人も検知できる自動ブレーキ、15年秋までに標準化
  • 【日産の安全技術】単眼カメラのみで人も検知できる自動ブレーキ、15年秋までに標準化
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ