【ロードスター開発者への10の質問】Q1. ロードスター開発において何を優先したか?

新車 レスポンス

2014年9月4日に行われたロードスターファン感謝イベント「マツダ ロードスターTHANKS DAY IN JAPAN」で世界初披露された4代目ロードスター。発売に際して4月4日から5月17日までの約1.5か月に行われた先行予約でも月販目標台数の500台に対し約6.6倍の3323台の受注が入った。期待の大きさと共に今後ますますの“加速”が見込めるモデルだと言えるだろう。

マツダの気合と執念が結実したと言っても過言ではない同車。今回、開発主査である山本修弘氏を筆頭とした“5人の侍”にその魅力と素朴な疑問を「10の質問」として投げかけてみた。

Q1.ロードスター開発において何を優先したか?

A1.製品価値ではなく、所有することによりいかに満たされるかという意味的価値をまず考えた。そして「走る喜び」の体現、ファンを増やす存在、ビジネスモデルの確立という3つのミッションを遂行させた。

ロードスターというプロダクトを考えた場合、単に新型だけを見て評価すればいいというわけではない。歴代モデルから引き継いできた「人馬一体」というコンセプトやオープンカーにおけるデザイン、そして何よりも価値が重要となってくる。もちろん、企業である以上、利益や数多くの難題も抱えているはずだ。では、ロードスター開発において何を優先したのか? 山本主査に語ってもらった。

◆ロードスターの“意味的価値”を提案する

山本修弘 開発主査(以下敬称略):開発においてまず優先したのは、このクルマのミッションは何かということ、つまり果たすべき役割、使命ですね。それはもちろんロードスターというクルマをお客様に買ってもらい喜んでもらうことです。そこで、喜んでもらうための“価値”は何か、ということと、合わせて会社(マツダ)にとってこの商品を作ることはどのような“意味”を持つのか、これを両立しないといけないわけです。

----:価値とは具体的にどのようなことでしょうか?

山本:こういうことを考える時、堅苦しいかもしれないけど僕達は最初からこの商品は製品価値ではない、と考えていました。製品の価値を作るだけでなくていわゆる“意味的価値”を最大化する必要があるわけです。

----:“意味的価値”とはあまり聞き慣れない言葉ですが、具体的にどのようなものなのでしょうか。

山本:意味的価値というのは、このクルマを所有することによって、お客様が、いかにどのように満たされるのか、っていうことなんですよ。製品価値を上げると、これができるよね。物の価値って安いほうがいいよね、ってことにしかならないのです。要は価格競争ですね。そうではなくてこのクルマが意味する価値に対してお客様にお金を払ってもらうこと。これをテーマにしないといけない、と考えてきました。

◆人馬一体だけではないミッション

----:そこで製品づくりのミッションが浮かび上がってくるわけですね。

山本:商品コンセプトは当然あるわけですが、ミッションに関しても初期の頃から3つ考えてきたわけです。1つ目は世界のベンチマークとして人馬一体の価値を持つライトウェイトスポーツであり続けること。

----:なぜそれが一番最初に出てきたのでしょうか

山本:これを一番に挙げたのは、やはり先程から言っている“意味的価値”です。このクルマが持つ「運転する楽しさ」をきちんと体現しなければいけないし、そのことで世界一を目指すという高い志(こころざし)を持たなければいけないというのがあったわけです。

2つ目は、やはりマツダのブランドアイコンとして世界中で今以上に沢山の熱烈なお客様を作らなければならない、ということです。

----:ビジネスとしての視点はどうでしょうか。

山本:これが3つ目でまさにビジネスの話です。僕達が意味的価値を大事にするのであれば、なおさらのことビジネスモデルを作らなれけばいけない。お客様との関わりあいの中で、このクルマがずっと愛され続ける中でビジネスが生まれなければならないのです。補足すると、世の中新車販売だけでは絶対うまくいかないんです。

----:結構大胆な発言ですね(笑)

山本:台数も限られているので…そんな中でどうすればいいか、となるとブランドを作らなければいけない、と。そのためにはこのクルマをマツダが持つことで色々な価値やビジネスが生まれてくる状況を作る。ロードスターはそういったビジネスモデルになろうと決めたのです

----:ビジョンも明確ですし、テーマは深いですね。

山本:でもこれが一番難しくてね。まだ、これは将来の課題でもあるのですが。そのようなことを最初に掲げて作ってきました。ちょっと堅苦しいかもしれないけど、はっきりとしていましたね。

◆クルマが良くなるだけでは足りない

----:2番めのファンを作るという点はユーザーにとっても興味のある話ですね。

山本:ファンを作るという意味はやはり3番目のビジネスにつながるかもしれないけど、再三言っている製品価値だけを追いかけては決していけないし、クルマが良くなるだけではダメだと思うのです。それではとても足りない。だってマツダのブランドアイコンを作ると言っているわけでしょ。それが何を意味しているかというと、ブランドを作るために絶対大事なことは、世の中や社会から尊敬されるクルマでなければいけないという点です。こんなクルマいらないよ、って言われるようではダメなのです。

----:単純に見るとロードスターはハードルが高いのでしょうか?

山本:ロードスターは、ものも運ばない、人も運ばない、でもこれが無くなってしまったら…とお客様が悲しむクルマじゃないといけないんですよ。そして、熱烈なファンに愛され続けて、ずっと大切にしてもらえるようなクルマにしなければいけない、ということが必ず付いてくるんです。やはり、それは特に意識しましたね。

山本主査の話は時間が経つごとに熱を帯びてくる。思わずその話に引き込まれそうになるが、主査の言う“価値”についてはもう少し細かく聞いてみる必要がありそうだ。第2回目ではこの価値についてもう少し深く突っ込んでみることにしたい。

  • 高山 正寛
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスターを手がける山本修弘 開発主査《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
  • マツダ ロードスターを手がける山本修弘 開発主査《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ