トヨタ初の外国人副社長、ルロワ氏「率直な物言いを続けたい」

業界 レスポンス

トヨタ自動車初の外国人副社長に就任したディディエ・ルロワ氏は6月17日、愛知県豊田市にある本社で報道陣と懇談し、「率直な物言いを続けたいと思っている」と就任の抱負を語った。

ルロワ副社長は「豊田章男社長から副社長に昇格させるといわれた時に、ひとつだけお願いがある。変わらないでくれという強い要請があった」ことを明かした。

その上で「変わらないとは、オープンでいる、そして思ったことをそのまま口にする人間でい続けるという私のモットーを守るということ。つまり自分の上司を満足させるために仕事をするのではなく、会社のために正しいことをすることだ」と強調した。

会見でルロワ副社長は、自身のモットーとしてあげた『上司が喜ばすために働くのはだめ』や『会社にとって正しいことをやれ』、『熱意を持って』など10項目にわたるリーダーシップのための指標がかかれたメモをつねにポケットに携帯し、実践していることも披露した。

また取締役会のメンバーとして貢献できることとして「2つの違った会社で働いてきた。ルノーに16年間いて、その後トヨタヨーロッパで勤務した。その間に多様化した考え方や意見も見聞きした。こうした経験を取締役会で生かしたい。率直な物言いを続けたいと思っている」と述べた。

ルロワ副社長の懇談のもようはトヨタの東京本社にも中継され、ルロワ副社長は東京の報道陣からの質疑にも応じた。

  • 小松哲也
  • 東京会場に中継されたトヨタ自動車ディディエ・ルロワ副社長の懇談会映像《撮影 小松哲也》
  • 東京会場に中継されたトヨタ自動車ディディエ・ルロワ副社長の懇談会映像《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ