トヨタ車体、立松財団の2015年度研究助成対象を決定

業界 レスポンス

トヨタ車体は6月17日、立松財団の2015年度(第23回)研究助成対象を決定したと発表した。応募総数83件の中から助成対象として36件を選定。今回の助成総額は2370万円で、助成額の累計は5億0691万円となった。

同財団が助成するのは愛知県内の大学、工業高等専門学校、短期大学および研究機関が行う基礎工学分野の研究が対象となる。

今年度は、機械装置などで高額の費用を要する高度な研究を行う特別研究助成として「蛍光性ナノ粒子を用いた深部超解像イメージング」など3件、一般研究助成では「高出力空気電池を実現するための新規 3 次元グラフェン電極の創製」など14件、海外調査研究助成19件を助成する。

立松財団は、元トヨタ車体社長の故・立松巖氏が私財(累計20億円)を拠出、基礎工学に関する研究開発に対し助成を行うことで、科学技術の振興を図りたいとして1993年9月に設立。トヨタ車体は同財団から運営を委託され、事務局を社内に設置している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ