PSAプジョーシトロエン、ボロレと協力…EV生産へ

業界 レスポンス

フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは6月17日、ボロレグループとの間で、EVとカーシェアリングに関して戦略的な協力関係を築くことで合意した、と発表した。

ボロレグループは、欧州でEVのカーシェアリングサービスを手がける大手。同社は5年前から、フランス・パリ市内において、EVを使ったカーシェアリングの「オートリブ」を展開している。

今回のPSAプジョーシトロエンとボロレグループとの合意では、PSAプジョーシトロエンのフランス・レンヌ工場において、ボロレグループのEVの生産を、2015年9月から行う。年産台数は、最大3500台。

このEVは、ボロレが設計した『ブルーサマー』。同車は、4シーターのカブリオレEV。1回の充電で、最大200km走行可能な性能を備える。

また、両社は、カーシェアリングの分野でも協力。EVおよびエンジン車を使用し、カーシェアリング拡大の可能性を模索していく。

  • 森脇稔
  • ボロレのEV、ブルーサマー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ