【ホンダ シャトル 発売】1か月で目標の3倍を超す1万台を受注、ハイブリッドが9割を占める

新車 レスポンス

ホンダは、新型コンパクトステーションワゴン『シャトル』について、発売1か月での累計受注台数が、月間販売計画の3倍以上となる1万台を超えて推移していると発表した。

グレード別の構成比は「ハイブリッドZ」が30%、「ハイブリッドX」が50%、「ハイブリッド」が10%、「G」が10%と、ハイブリッドモデルが9割を占めた。

購入者からは、質感の高いエクステリア・インテリアデザインや使い勝手のよいラゲッジスペース、34.0km/リットル(JC08モード)の低燃費などが高く評価されている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ シャトル
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ