【日産の安全技術】まるで魔法? 2台前の車両挙動を検知して警告する

テクノロジー レスポンス

日産『スカイライン』に搭載されている「前方衝突予測警報(PFCW:Predictive Foward Collision Warning)」は、日産がこのスカイラインで世界初採用を謳うアクティブセーフティ技術だ。フロントバンパー下部に搭載された新型のミリ波レーダーセンサーで2台前を走る車両の車間と相対速度を検出。車速約5km/h以上で走行中、万が一その2台前の車両が急ブレーキで減速した場合、ディスプレイ表示とブザーによる警報でドライバーに注意を喚起する。

走行デモでは、直前を走るインフィニティ『QX56』のさらに前を走行している別のスカイランが急停止するケースを想定。2台前のスカイラインは巨大なQX56の影に隠れてしまい、運転席からまったく視認できない状態だったが、急ブレーキを検出して直ちに表示・ブザー・シートベルト巻き上げによるアラートをドライバーへ出す。残念ながら実際に運転席に座ってこの機能を試すことはかなわず、後部座席に同乗してこの機能を体験するにとどまったが、影になって見えないクルマが急停車するのを察知してアラートするということは少々不思議な感覚だ。

「ミリ波は電波の透過性が高く、検出技術の向上により2台前の車両挙動をある程度把握できるようになりました。現状ではドライバーにアラートを出すにとどまっており、自動でブレーキを踏んで衝突を回避する機能はありませんが、今後モニタリング技術がより進化すれば、システム側でアクティブな衝突回避をおこなう制御を組みこむことも考えられます」(説明員)。

この前方衝突予測警報は、2WD/4WDまた200GT-t/350GTハイブリッドといった駆動方式/搭載エンジンに関わりなくタイプP/タイプSPに標準装備となる。

  • 編集部
  • 前方衝突予測警報(PFCW:Predictive Foward Collision Warning)走行デモ
  • 前方衝突予測警報(PFCW:Predictive Foward Collision Warning)走行デモ
  • 前方衝突予測警報(PFCW:Predictive Foward Collision Warning)走行デモ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ