【三菱 アウトランダーPHEV 改良新型】欧州車に対抗できる「値段に見合ったインテリアに仕上げた」

新車 レスポンス

マイナーチェンジした三菱『アウトランダーPHEV』は、価格帯に見合った上質感のあるインテリアに仕上げたという。

そのインテリアを実現するために最も力を入れたのはセンターコンソールだった。具体的には、高さを変更し、それに伴い、インパネ周りのスイッチのレイアウトも変えられた。

なぜ、そこまでの変更をしたのか。三菱自動車工業デザイン本部デザイン戦略・企画部エキスパートの鷲沢志朗さんは、「値段の高い高級なクルマには立派なコンソールがあるという文法がある。それに対してマイナーチェンジ前のアウトランダーのセンターコンソールは、幅は狭く高さもない。そして、肩の落ちた優しい断面で、大人しい形状だった」という。

そこで新型では、「値段に見合った立派なものにするために、幅が広くなるように四角く断面を取って、高さも上げて全面加飾にした」と説明。それ以外にもステアリングのデザインや触感をはじめ様々な変更が施された。

鷲沢さんは、「内装の質感が良くないというのは色々なところからいわれていた。PHEVは電気で走るので経済的だし環境にも優しく、凄く満足しているユーザーからも、しかし内装がね…という声があったことから、大幅な変更に踏み切ったのだ」と述べる。

ガソリンモデルの変更に関しては、「内装の生地や、オーナメントの木目調の加飾の変更、ステアリングに少し加飾が増えた程度だ」とし、「PHEVはシステム分高くなり、価格差が大きいので、そこに見合った高級感を出さなければだめだろうと改めて考えデザインした」と語った。

  • 内田俊一
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 内田俊一》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ