【オートサービスショー15】BASF、水性塗料向け新原色 ミキシングベースW を発表

業界 レスポンス

BASFジャパンは、6月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催される「第34回 オートサービスショー」に出展。自動車補修用塗料ブランド「R-M」の水性塗料「オニキスHD」向け新原色「ミキシングベースW」を初公開する。

R-Mは、地球環境に与える負荷を最小限にし、同時にボディショップの収益性と生産性の向上を可能にする自動車補修用プレミアム塗料ブランド。新製品「ミキシングベースW」は、R-Mが開発した水性ベース塗料の高濃縮技術を用いた新原色。高い隠ぺい力により、オニキスHDのトップコート塗布時の作業効率を大幅に改善する。

「ミキシングベースW」は、通常のオニキス HDの作業工程に簡単に取り入れ可能。シンプルで効率的なソリューションにより塗装時間の節約、塗料消費量の削減を実現する。

ブースでは、新製品「ミキシングベースW」のほか、オニキスHDや調色ツールであるカラーマスター、スプレーガンなど、水性塗料の導入のトータルソリューションを紹介する。

なお、「ミキシングベースW」の日本市場導入を今秋を予定している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • オートサービスショーで水性塗料のトータルソリューションを提案
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ