日産自動車、グローバル企業活動で排出するCO2を大幅削減

業界 レスポンス

日産自動車は6月19日、同社の中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム2016(NGP2016)」の2014年度活動実績を公表した。

2014年度は、工場におけるエネルギー効率向上や、再生可能エネルギー導入の拡大など、カーボンフットプリントの最小化の活動が効果を上げ、CO2排出量を2005年度比で22.6%削減。これにより日産は、グローバル企業活動によるCO2排出量を2016年度までに2005年度比で20%削減するとの目標を2年前倒しで達成した。

2011年度より開始したNGP2016は、日産の企業活動による環境への負荷低減や、資源利用と生態系サービスとの共存を図ることに主眼を置いている。具体的には「ゼロ・エミッション車の普及」、「低燃費車の拡大」、「カーボンフットプリントの最小化」、「新たに採掘する天然資源の最小化」という4つの重点活動領域について、企業全体で推進している。日産は今後も、NGP2016で掲げている環境目標の達成に取り組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 企業活動からのCO2排出量削減率(2005年度基準)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ