【三菱 アウトランダーPHEV 改良新型】ダイナミックシールドとジェットファイターグリルの違い

新車 レスポンス

マイナーチェンジした三菱『アウトランダー』は、今後の三菱の“顔”の考え方である、ダイナミックシールドを取り入れた第1弾である。

ダイナミックシールドは、グリルを中心に左右と下側から包み込むようにすることで、クルマと乗員を守るような“強さ”をイメージしたものだ。

三菱のフロントフェイスというと、いわゆる“ジェットファイターグリル”があった。そもそもこの呼称は三菱発のものではなく、愛称・俗称の類いということだが、三菱自動車工業デザイン本部デザイン戦略・企画部エキスパートの鷲沢志朗さんによると、「“三菱の顔”というよりは、“エヴォの顔”であり、少し広げて『ランサー』の顔だった。しかし、欧州で評判が良かったので、アウトランダーの後期型や『RVR』にも展開していった」とするが、このフロントフェイスは軽自動車での採用は考えられないことから、「全てのクルマに展開しよう、アイデンティティにしようとまでは思っていなかった」と述べる。

しかし、「欧州ではユーザーにアピールもしやすく、販売会社もアイデンティティを希望するので、欧州で販売するクルマに関しては、『コルト』まで全部採用した」という。つまり、欧州ではアイデンティティとしてあのグリルが取り入れられていたのだ。

それに対して、「ダイナミックシールドを、我々はアイデンティティとは呼ばない」と鷲沢さんは断言する。「アイデンティティとは同一性なので、同じ形をしていることが大事。しかし、ダイナミックシールドはそうではない。なぜならば三菱は、パジェロから軽までラインナップがあるので、同一のフロントフェイスはどうやっても破綻するから」とし、「考え方としてダイナミックシールドというコンセプトを決め、形は個別にその都度バリエーションを持ってデザインしていくもの」と語った。

  • 内田俊一
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 内田俊一》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダー PHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 新型 アウトランダー PHEV G Premium PKG《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 新型 アウトランダー PHEV G Premium PKG《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 アウトランダーPHEV 改良新型《撮影 太宰吉崇》
  • 三菱 ランサーエボリューションX(参考画像)《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ