警察の捜査車両が脇見運転、対向車と衝突

社会 レスポンス

18日午後5時35分ごろ、鹿児島県薩摩川内市内の県道を走行していた警察の捜査車両が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた乗用車と正面衝突する事故が起きた。双方の車両が中破したが、人的な被害は無かった。

鹿児島県警・薩摩川内署によると、現場は薩摩川内市永利町付近で片側1車線の緩やかなカーブ。同署の捜査車両は左カーブを曲がりきれずに対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた乗用車と正面衝突した。

衝突によって双方のクルマは中破したが、乗用車を運転していた同市内に在住する57歳の女性と同乗者2人、捜査車両を運転していた26歳の男性巡査長にケガはなかった。

警察では巡査長から事情を聞いているが、聴取に対しては「助手席に置いていたバッグが気になり、脇見をしてしまった」などと供述しているようだ。事故当時は1人で乗務していた。警察では前方不注視が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ