ダイムラー、南米コロンビアにメルセデスのバス工場

業界 レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは6月18日、南米のコロンビアにバス工場を開業した。

ダイムラーの新工場は、コロンビアの首都ボゴタ近郊のフンサに位置。年間4000台の生産能力を持つ。

ダイムラーは新工場の建設に、200万ドルを投資。メルセデスベンツブランドのバスの車台を中心に組み立てる。

新工場から出荷されるのは、都市バス用や高速バス用など。ダイムラーは、近隣諸国への輸出も計画している。

ダイムラーは現在、南米に5工場を擁し、南米で最大の商用車メーカー。同社は、「今後、南米のバス事業を、さらに拡大していく」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ