PSAプジョーシトロエン、モロッコに新工場建設へ…2019年稼働

業界 レスポンス

フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは6月19日、モロッコに新工場を建設すると発表した。

PSAプジョーシトロエンは、新工場の建設に、5億5700万ユーロを投資。2019年から、BおよびCセグメント車とそのエンジンを生産する。

生産能力は稼働当初、年間9万台。PSAプジョーシトロエンは、市場の動向を見ながら、将来的に年間20万台へ、生産能力を引き上げることを見込む。

モロッコに新工場を建設するのは、PSAプジョーシトロエンのアフリカ・中東地域での成長計画を支えるもの。同社は2025年までに、アフリカ・中東地域での新車販売について、年間100万台の達成を目指す。

PSAプジョーシトロエンのカルロス・タバレス会長は、「アフリカと中東は、PSAプジョーシトロエンにとって、伝統的な市場のひとつ。世界市場での成長計画における重要性は高い」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ