トヨタ自動車、小学生対象の科学工作教室を開催…7都道府県で全18回

業界 レスポンス

トヨタ自動車は、社会貢献活動の一環として小学生高学年を対象に開催する科学工作教室「科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー」の2015年度開催計画を決定した。

同教室は、次代を担う子どもたちに「モノづくりの大切さ」や「科学の楽しさ」を伝え、科学技術に対する興味や夢を育むことが目的。1996年の開催以来、これまでに全国で389回、累計2万9200人の児童が受講している。講師陣は社内の技術者を中心に構成する「トヨタ技術会」の有志メンバーが担当。全7チームがそれぞれの専門分野を活かして、「からくり自動車」「ホバークラフト」「衝突安全ボディ」など、合計9つのプログラムを考案している。

今年度は、開催地の科学館・博物館等と連携し、全国7都道府県で2015年7月5日から2016年3月6日まで、計18回開催予定。夏休みにはより多くの子どもたちがモノづくりを体験し、科学の楽しさに触れられるように、8月2日にトヨタ産業技術記念館にて、全チームを集めた「夏休み特別レクチャー」を初開催する。

また、被災地復興支援活動「ココロハコブプロジェクト」の一環として、被災地の児童養護施設への訪問や岩手県・福島県でのレクチャーを実施する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 衝突安全ボディ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ