日産、サステナビリティレポート2015 を発行

業界 レスポンス

日産自動車は6月22日、同社のCSR (企業の社会的責任) に関する考え方や活動をまとめた年次報告書「サステナビリティレポート2015」をWEBサイトに公開した。

レポートでは、8つの「サステナビリティ戦略」を軸に、それぞれの目標と進捗状況をまとめた「日産CSRスコアカード」をはじめ、各取り組みの具体的な活動について掲載している。また、今回新たに、「持続可能なモビリティ社会の実現に向けて」という章を新設。走行中のCO2の排出をゼロにする「ゼロ・エミッション」と日産車が関わる交通事故の死亡・重傷者数を実質ゼロにする「ゼロ・フェイタリティ」の実現に向けた、日産の包括的な取り組みを掲載している。

カルロス・ゴーン社長はレポートの中で、「日産は自動車業界で最も社会・環境に対する責任を果たすメーカーになりたいと考えている。気候変動、急速に進む都市化、高齢化に対応するモビリティやクルマの安全性など、テーマを問わず、日産は解決策を見出すことを約束する」と語っている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ