ナビタイム、海外乗換案内サービスの多言語表示範囲を拡大

テクノロジー レスポンス

ナビタイムジャパンは、海外乗換案内サービス「NAVITIME Transit」上について、多言語で表示できる範囲を6月22日より拡大すると発表した。

NAVITIME Transitは、iOSおよびAndroid OS向けに提供している海外向け乗換案内サービスで、2014年5月より提供開始。12地域向けで、「現地語」「日本語」「英語」の多言語に対応している。

これまでは、多言語の対応範囲はメニューやメッセージ画面のみだったが、今回の対応により、駅名称や路線名称も多言語対応する。例えば、台湾向けアプリにて「圓山→西門」間の乗換案内を調べる場合、「えんざん→さいもん」と日本語の駅名称にも対応。検索結果にも日本語の駅名が併記される。

表示される言語は、これまでスマートフォン端末の言語設定で選択している言語が自動的に表示される仕様だったが、今回の対応により、端末の言語設定に関わらず、アプリ上で駅名や文言の表示言語を切り替えることが可能になる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • NAVITIME Transit(サービスイメージ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ