【SBK 第8戦】カワサキ ジョナサン・レイ、2位&優勝でチャンピオンシップをリード

モータースポーツ レスポンス

スーパーバイク世界選手権(SBK)第8戦 イタリア大会が、6月19日から21日までの3日間、ミサノ・サーキットで開催され、ジョナサン・レイ(カワサキ)はレース1で2位、レース2では優勝を飾った。

第1レースは、今季3度目のポールポジションを獲得したトム・サイクス(カワサキ)がホールショットを奪うと、そのままレースの主導権を握った。前半は、地元のダビデ・ジュリアーノ(ドウカティ)がサイクスを追撃したが、中盤には予選4番手から決勝に挑んだレイが徐々にペースアップし、2位争い集団の中から抜け出すことに成功。レースは序盤のリードを守り通したサイクスが、2戦ぶり今季3勝目を達成。サイクスとの差を3秒まで縮めたレイが2位でフィニッシュした。

第2レースも、好スタートを切ったサイクスとレイ、ジュリアーノがトップグループを形成。7周目にはジュリアーノがトップに浮上し、カワサキの2人が追うという展開になった。そして、レース後半の16周目にレイがジュリアーノをパスして首位に立つと、一気にラストスパートをかけ真っ先にチェッカーを受けた。

レイは、シーズン11勝目を達成。ポイントランキング争いでは、2位 サイクスとの差を133ポイントに広げた。

■レース1

1位:トム・サイクス(カワサキ)

2位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

3位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)

4位:ダビデ・ジュリアーノ(ドウカティ)

5位:レオン・ハスラム(アプリリア)

6位:マックス・ビアッジ(アプリリア)

■レース2

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)

2位:ダビデ・ジュリアーノ(ドウカティ)

3位:レオン・ハスラム(アプリリア)

4位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)

5位:トム・サイクス(カワサキ)

6位:マックス・ビアッジ(アプリリア)

■ポイントスタンディング

1位:ジョナサン・レイ(カワサキ)375P

2位:トム・サイクス(カワサキ)242P

3位:レオン・ハスラム(アプリリア)226P

4位:チャズ・デイビス(ドゥカティ)213P

5位:ジョルディ・トーレス(アプリリア)140P

6位:シルバン・ギュントーリ(ホンダ)127P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トム・サイクス(カワサキ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ