ボッシュ、スターターモーター&ジェネレーター部門の売却を検討

業界 レスポンス

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュグループは6月9日、スターターモーター&ジェネレーター部門の売却を検討していると発表した。

ボッシュグループの同部門は現在、乗用車や商用車に搭載するスターターやオルタネーターを開発。燃費の向上に貢献している。その一例として、アイドリングストップ装置も含まれる。

同部門の工場は、全世界に13拠点。従業員は、およそ6500名を数える。営業所のネットワークも、全世界に広がる。

今回、ボッシュグループがスターターモーター&ジェネレーター部門の売却を検討していると発表したのは、厳しい競争やコストの圧力に直面しているため。同部門を売却または合弁化し、さらなる合理化を追求していく。

ボッシュのRolf Bulander取締役は、「スターターモーター&ジェネレーター部門に関しては、パートナーを見つけるか売却するのが、成長側面を見い出せるだろう」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ