BMW 7シリーズ 新型、ドイツ工場で生産開始

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは6月10日、新型『7シリーズ』の生産を開始した。

7シリーズは、BMWの最上級サルーン。メルセデスベンツ『Sクラス』や、アウディ『A8』、ジャガー『XJ』などがライバルとなる。新型は、6世代目モデル。

新型7シリーズのハイライトが、カーボンファイバーなどの素材による軽量化。電動化技術に特化した新ブランド、「i」の技術を応用したカーボン構造を採用。これに、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を組み合わせることで、先代比で最大130kgの大幅な軽量化を実現する。

6月10日、BMWはドイツ・ディンゴルフィング工場において、新型7シリーズの生産を開始。先代7シリーズも同工場で組み立てられ、2008年から現在までに、累計37万台を生産。世界100か国以上に出荷してきた。

1977年の初代から数えると、7シリーズの累計生産台数は、160万台以上。BMWはディンゴルフィング工場に対して、生産効率の向上などに5億ユーロ以上を投資している。

  • 森脇稔
  • BMW 7シリーズ 新型
  • BMW 7シリーズ 新型
  • BMW 7シリーズ 新型
  • BMW 7シリーズ 新型
  • BMW 7シリーズ 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ