GM、米工場に投資…新型車の生産準備

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは6月22日、米国ミシガン州のオライオン・タウンシップ工場に2億4500万ドルを投資すると発表した。

今回の投資は、同工場での新型車の生産に備えるのが目的。GMが、米国内の工場に対して行う総額54億ドルの投資の一部となる。

また、今回の投資により、オライオン・タウンシップ工場では、300名の追加雇用の創出が見込まれている。

この投資により、オライオン・タウンシップ工場に対する過去5年間の累計投資額は、9億6200万ドルに到達した。

GM北米部門のキャシー・クレッグ副社長は、「オライオン・タウンシップ工場が、生産の技術革新の土壌になる」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ