国交省、ゲリラ豪雨対策として新通行規制基準を試行…時間雨量を導入

社会 レスポンス

国土交通省は6月23日、増加するゲリラ豪雨による被害に対応するため、一般国道18路線24区間で、新しい通行規制基準を試行すると発表した。

ゲリラ豪雨など、時間50mmを上回る降雨が、最近30年間で1.3倍に増加しているなど、近年、雨の降り方が局地化、集中化。こうした気象の変化から、突然の大雨により土砂災害等が発生し、道路が通行止めになるなど、従来あまり見られなかった形態の災害が増えている。

これまでは、連続雨量(累積雨量)により雨量規制を行っており、ゲリラ豪雨など、局地的・集中的な大雨に対しては、通行規制前に災害が発生するケースもある。

今回施行する新しい通行規制基準では、時間雨量を導入。ゲリラ豪雨などに対しては、災害発生前に通行止めの実施が可能。また連続雨量規制値についても適正化を行い、通行止め回数の減少を図る。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 時間50mm/h以上の短時間強雨の発生件数
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ