大同特殊鋼、スリムバッチ真空浸炭炉を日産自動車から受注

業界 レスポンス

大同特殊鋼は、日産自動車からスリムバッチ真空浸炭炉「シンクロサーモ」を受注したと発表した。

シンクロサーモは、ギヤなどの浸炭処理品を1枚トレイの上に平面的に並べ、1バッチを構成することで、加熱時間を短縮できるとともに、優れた均熱性が得られる。浸炭終了後の均一な高圧ガス冷却により、従来なし得なかった浸炭処理品の低歪み化を実現するとしている。

受注した設備は、日産の栃木工場(栃木県河内郡上三川町)に2016年春頃納入する予定。

大同特殊鋼では、大容量タイプのモジュールサーモに、スリムバッチタイプのシンクロサーモを加えた、真空浸炭炉の充実したラインアップで、今後、日本国内で大量に発生するガス浸炭炉の更新需要に対応する。加えて、同社の鋼材部門とも連携してシンクロサーモを活用した材料開発やプロセス開発を通した新たなソリューションを提案する。

  • 編集部
  • 日産栃木工場資料画像
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ