BASF、創立150周年特別プログラムを子ども実験教室で実施…7月24日

業界 レスポンス

BASFジャパンは、毎年開催している「子ども実験教室」の創立150周年記念特別プログラム「ひんやり保とう!」を7月24日に実施する。

BASFでは、創立150周年を迎えた今年、人とアイデアを結び付けることで「スマートエネルギー」「食品」「都市生活」という3つの地球規模の課題に取り組んでいる。

今年の子ども実験教室では、「食品」課題に目を向けた特別プログラムを実施。増加し続ける世界人口に対して食品を安定的に供給し続けるには、食品を適切に冷却し、食品輸送中の損傷による廃棄(フーズロス)を減らすことが重要となる。

「ひんやり保とう!」は、BASFジャパン本社のある六本木ヒルズの「キッズワークショップ 2015」のプログラムの一環として開催。プログラムでは、「冷たいものを熱から守ろう!」「電気を使って冷やしてみよう!」「温度変化を色で確認できるかやってみよう!」の3つの実験を実施し、どうしたらフードロスをなくせるかなど、地球規模の課題について 子どもたちと一緒に考える。

対象は小学校3年生〜6年生。所要時間は1時間10分で、10時〜、13時30分〜、16時〜の3回実施。定員は各回20名で、6月27日から7月7日までキッズワークショップ公式サイトにて参加申込を受け付ける。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ