メルセデスの独商用車工場が改修…次期 スプリンター 生産へ

業界 レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは6月23日、メルセデスベンツのドイツ・ルートヴィッヒスフェルデ工場を改修すると発表した。

ルートヴィッヒスフェルデ工場は、メルセデスベンツの商用車工場。今回、ダイムラーは同工場に、1億5000万ユーロを投資。工場の設備の更新などを行う。

投資の目的は、次期メルセデスベンツ『スプリンター』の生産に備えるため。スプリンターは、メルセデスベンツの主力商用車のひとつ。

ルートヴィッヒスフェルデ工場には、最新の設備を導入する計画。無人輸送トラックをはじめ、自動部品供給システムなど、労働環境の工場が図られる。

ルートヴィッヒスフェルデ工場のSebastian Streuff工場長は、「この工場がメルセデスベンツのインテリジェントな車両生産におけるベンチマークとなる」と述べている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ スプリンター
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ