【三菱 アウトランダー 改良新型】ガソリン仕様もPHEVからのフィードバックで性能向上

新車 レスポンス

三菱『アウトランダーPHEV』と『アウトランダー』は、エクステリアや走行性能を大幅にブラッシュアップした。

大きく手を入れた理由について、三菱自動車商品戦略本部商品企画部マネージャーの戸邉哲哉さんは、「まずPHEVは、“三菱のプラグインハイブリッド”というブランドを作ろうと考えている。ある程度数は出ているので成功したと思っているが、より高めていかないと、一発屋で終わってしまう」と話す。

しかし、「ガソリン仕様も手は抜いていない」と戸邉さん。「日本や欧州はPHEVの方が多いが、世界的に見ると、やはりガソリン、ディーゼルの方が多いので、そのユーザーを大事にしないといけない」と述べる。

そこで、「PHEVを改良する中で出てきた様々な品質を高めるための取り組みが、ガソリン、ディーゼル車にも活かせることがたくさんあるので、そういったものをどんどん反映していった」と話す。その結果、静粛性は向上し、乗り心地と操縦性もPHEVと同様に改良された。

また、CVTも変更された。戸邉さんは、「エンジンの馬力を上げたわけではないので全開加速は変わらないが、リニアな加速感が向上している」という。CVTはアクセルを踏むといったんエンジン回転だけが上がり、その後速度が付いてくるというイメージがあり違和感があった。「そういったところをリニアなフィーリングにし、仕向地によっては疑似的なシフトアップのフィーリングまで設定し、人間の感覚に合うようにしている」と語った。

  • 内田俊一
  • 三菱 アウトランダー《撮影 内田俊一》
  • 三菱 アウトランダー《撮影 内田俊一》
  • 三菱 アウトランダー《撮影 内田俊一》
  • 三菱 アウトランダーPHEV《撮影 内田俊一》
  • 三菱 アウトランダーPHEV《撮影 内田俊一》
  • 三菱 アウトランダーPHEV《撮影 内田俊一》
  • 三菱 アウトランダーPHEV《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ