【パイクスピーク15】練習/予選走行初日、モンスター田嶋「四輪独立制御の熟成が課題」

モータースポーツ レスポンス

TEAM APEV with モンスタースポーツは6月24日、パイクスピーク・ヒルクライムレースの練習/予選走行初日に臨んだ。

初日は、昨日の公式練習から一転してボトムセクションの走行となった。決勝レースと同じスタート地点から緩やかに標高を上げて行き、グレンコブの1マイル程手前でフィニッシュ。走行距離は全コースの約半分にあたる約10km。パイク・ナショナルフォレストの広大な森の中を縫うルートだ。

午前5時30分に走行スタート。少し雲が出ていたが降雨の心配はなく、気温も高めに感じられた。ドライバーのモンスター田嶋にとっては、もう数十回は走った慣れたコースだが、新型レース車両「2015 Tajima Rimac E-Runner Concept_One」にとっては、初めてのコース。トルクベクトル制御まで搭載する4モーター4輪独立制御のハイテクマシンだが、まずコースを学び、様々な要素をフィットさせる事から始めなくてはならない。チームでは、今日とは違う決勝の路面を想定しながら、セッティングを進めた。

なお予選初日は、最高タイムが4分06秒804で、エレクトリック・ディビジョン2位の成績をおさめた。

モンスター田嶋は、「新しいマシンは、これまでで最もパワーとトルクがあり、非常に良い状態だ。ただ、そのパワーを活かす制御が上手くいっていないので、そのセッティングを進めている。四輪独立制御を熟成させていくことが、今一番大事なことだ」とコメントしている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2015 Tajima Rimac E-Runner Concept_One(練習/予選走行初日)
  • 2015 Tajima Rimac E-Runner Concept_One(練習/予選走行初日)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ