【グッドウッド15】BMW、市販車とレース車両を一堂に展示

モータースポーツ レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは6月22日、英国で6月25日(日本時間6月25日夜)に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2015」の出展内容を発表した。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは1993年、マーチ卿がイングランドのウエストサセックス州グッドウッドの広大な邸宅で始めたイベント。世界中から新旧のレーシングカーが集結して賑わいを見せる。

BMWグループは、今年のグッドウッドにおいて、BMWブランドの最新市販車を展示。英国初公開となる改良新型『3シリーズ』をはじめ、『X6M』や『M6』のMパフォーマンスパーツ装着車を揃える。

モータースポーツからは、通称「ロングテール」で知られる1997年のBMWマクラーレン『F1GTR』をはじめ、BMW『F2 March782』やALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)で活躍したE92型の『M3 GT2』を展示。

さらに、グッドウッド名物のヒルクライムには、プラグインハイブリッドスポーツの『i8』と、改良新型『1シリーズ』の高性能モデル、「M135i」が参加する。

  • 森脇稔
  • BMW 1シリーズ 改良新型の M135i
  • BMW i8
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ